占いを信じるのは自由!だけど信じない事も必要!

電話占いピュアリはクチコミでも評判の占いサイトで、在籍している占い師も各メディアで活躍する著名な方ばかりです。

そのため多くの方が気軽に利用しているといわれていますが、利用するにあたって注意点もいくつかあります。
信じるも信じないも自由

現実逃避に活用する方は占いは利用しない方がいい

占いを精神安定剤のように活用する方がいますが、そんな考えの方は占いを利用しない方がいいでしょう。

確かに実力の高い占い師が在籍するとはいえ、その占いが100%的確にあたると考えるのは良い利用法とは言い切れません。

占いにその場限りの安定や安心感を求める方の場合「占いがやめられない」「占いがなければ生活できない」「行動できない」といった問題を抱えてしまうケースが多いのです。

本来、抱えている悩みを解決できるのは本人でなければならないのです。

自分の問題なのですから、他人がどうこうしようとしても解決することはありません。

それなのに占いで出た結果だけを信じ、行動するような人はいつまでも現実と向き合うことができずに、占いに依存してしまう傾向にあるといわれています。

不安や苛立ちは必ずしも占いで解決するとは限りません。

自分に納得するアドバイスが受けられなくてもそれも占いだと割り切れるようにしてください。

状況を切り替えたいときのきっかけに利用しよう

「占いでもやってみようかな?」
そう考えるときって、何かしらの不安や悩みを抱えているときですよね。

いろいろと悩んでみたものの「どう行動していいのか分からない」「その先に踏み出す一歩に迷っている」そんなときに占いを利用するといいでしょう。

例えば、占いの結果が良い内容であった場合には、抱えていた不安が少しだけ解消され前向きな気持で毎日を過ごすことができるはず。

逆に、悪い内容であった場合でも「やっぱりそういう運命なんだ」と、気持に整理をつけやすいこともあるでしょう。

占いとは未来に対するイメージを与えてくれ、そして心に詰まらせているもやもやを不思議な力でスーッと解消する力があります。

100%の結果を信じることが重要なのではなく【占いによって何かしらのきっかけや勇気を貰い背中をポンと押してもらう】そんな活用方法ができれば占いをもっと楽しめるはずです。

運命を信じるタイプの人に占いは適している?

とある調査で、運命とは自らの力で変えられると強く信じている人の方が意外と占い依存症になる傾向にあり占いなどが大好きで、日頃から占いを楽しんでいる人。

つまり運命を信じるタイプの人間が占いの結果がどうあれ、それに左右されることなく自分にとって何がプラスになるかを優先的に取り入れる柔軟性があるとしています。

占いは悪い結果ばかりを気にするのではなく、時に悪い結果には耳を傾けないなどいい加減なくらいの付き合い方がいいのかもしれませんよね。

電話占いピュアリの体験記一覧へ
電話占いピュアリの登録についてはこちら

関連記事